築40年の住宅を全面リフォーム

築40年になる相模原市の実家をキッチンリフォームも含め全面リフォームしました。床下の湿気や床の傷み、建具の取り付け傾きなど不具合があちこちに出てきていたので、思い切ってリフォームをしました。先ずは、床下ですが、全面コンクリートを敷き詰めました。今の住宅ではコンクリートを敷き詰めるのは常識ですが、古い家なので土がむき出しになってました。川が近くを流れているので、湿っぽくなっており今回ここを改善したいと思ってました。コンクリートは厚さ5センチくらいで、コンクリートの間には湿気が上がってこないようにビニールシートをはさんでます。今回は費用の問題もあったので、床下換気までは設置しませんでしたがこれで十分です。建具の不具合は、障子やドアがしっかり閉まらないという問題でした。どうやら、柱が少し斜めになり始めているところがあったらしく、今回のリフォームで柱を太いものに入れ替えて水平を取り直しました。現在、リフォームして10年ちかく経ちますが、リフォーム箇所は問題なく、あの時リフォームして正解だったと思ってます。