リフォームで後悔したこと

大分市のお気に入りのマイホームを台所とリビングの間にふすまがあったのですが、それを取り除くリフォームをしました。

ふすまがあると料理をリビングに運びにくく感じます。また、ふすまが一枚あるだけでも圧迫感があり、ただでさえ狭い部屋だったのですが、さらに狭く感じていました。

ふすまを取り除いたら、スペースを有効活用できるようになったし、部屋を広々感じられるようになったし、料理を運ぶときには楽に感じるようになりました。

しかし、リフォームしない方がよかったかなと感じることもあります。

それは暖房効率です。

ふすまがあると一つの部屋の面積を小さくできます。小さい部屋の方が暖房効率がよいです。ふすまを取り除いたことで部屋の面積が広くなり、暖房の熱は部屋の隅々にまで届きにくくなり、クーラーをつけても冷えにくくなってしまいました。寒がりなので暖房の効率が悪いことはつらいです。部屋の温度を上げるために暖房器具の設定温度を高くするため、電気代が気になってしまいました。